| CHILD DEVELOPMENT SUPPORT |

ジュン・ハート ムーブ
住所 札幌市清田区北野5条3丁目4−2
TEL 011-888-1900
Eメール こちらをクリック
URL https://jun-heart.com/
受付時間 10:00~17:00
休校日 日曜・祝日
駐車場  
交通機関

地下鉄東西線「南郷18丁目」駅より徒歩18分

他の教室

ジュン・ハート、ジュン・ハートジョブ、ジュン・ハート厚別西、ジュン・ハート東札幌、ジュン・ハート月寒、ジュン・ハートはこだて

ムーブ02
ムーブ外観

児童発達支援・放課後等デイサービス「ジュン・ハートムーブ」は、幼児から中学生までが通所しており、伸び伸びと身体を動かせる体育館で療育を行います。

療育施設ではなかなか見ることのない「埋め込み式のトランポリン」が設置されていて、床にトランポリンが埋め込まれているので段差はなく、小さい子どもや肢体不自由な方も安心して活動を行うことができます。特に日常生活の中で身体を自由に動かすことが難しい方も、トランポリンを使うことで無理なく体幹、筋力に働きかけることが可能で、驚くほどの動きを見せてくれる方もいます。

療育プログラムは、体育館全体を広々と使い、トランポリンや学校体育向けのマット・跳び箱・鉄棒の種目と模倣運動等やリズム体操で身体の中のエネルギーを発散してから創作活動などを行い、活動にメリハリをつけるとともに「心と体」のバランスを整えます。

学校生活の中で起こる個別の課題をコーチと考え乗り越えていくことで子どもの「自信」や「人に頼る力」もついていきます。中学生以降はさらにスキルアップした課題を学べる「就労準備型ジュンハート・ジョブ」への移行もできます。

ニュース

img003_03

体操は、あらゆるスポーツの基礎となるもので、幼児期の体験がたいへん重要といわれています。体操を通してバランス感覚を身につけることは、お子様の成長にとって必ずプラスになることだと思います。障がいを持っていてもそれは同じだと思っています。普段使わない筋肉を動かすことで脳に刺激を与えたり、身体を動かす楽しさを実感できます。

 レッスンを重ねていくごとに、障がいを持つ子でも最初はできなかったことが少しずつできるようになっていくことを身を持って体験しました。

「うちの子は障がいを持っているからできない」「周りを気にしてやらせない」と思っている人(親)が少なくないと思います。でも障がいがあってもできることはたくさんあると感じたからこそ、体操を通して子どもたちに少しずつできるようになることを感じてもらいたい。子どもたちの眠っている可能性を広げてあげたい。それがジュン・ハートの願いです。

ママナビ特典

コース一覧

児童発達支援

ムーブ03

ジュン・ハートの児童発達支援は、幼児から就学前の子どもが対象で、ジュンスポーツクラブ体操教室のノウハウを生かした体操療育(運動療育)を中心に、身体能力の向上と社会適合を目指した療育を行っています。

幼児期の発達に心配のある子どもや障がいのある子どもが、体操専門の指導者と発達心理学を基にした体操療育(運動療育)を行い、基礎運動能力を引き出します。

 体操指導は所定の研修を修了したコーチが行い、子どもの年齢や発達・発育状況、一人ひとりの特性に応じながら、スモールステップ方式で行います。療育プログラムは、子どもが楽しんで運動できる工夫をして、マット・跳び箱・鉄棒の種目と模倣運動やリトミックで身体の中のエネルギーを発散してから、座って手先を使う創作活動などをします。

思いきり運動をすることで汗をかき、例えば着替えをすることも身辺自立への訓練となります。

通い始めた頃は常に動き回りコーチの話も聞けない子どもが、通っているうちに体操やコーチが大好きになり、できることが増えるとともに集中力も高まり、コーチの動きを見る事や話を聞く姿勢、順番を待つことなど少しずつできるようになっていきます。

特に、人の話を聞く姿勢や順番を待つことは就学前からの積み重ねが大切で、学校生活の中でもすぐに生かせるので子どもの自信にも繋がります。体操療育(運動療育)を通じて子どもの可能性を広げるサポートをしています。

月謝

世帯所得に応じて自己負担金が変わります。ただし、「就学前の障害児発達支援の無償化」に伴い、満3歳の4月~小学校入学まで利用者負担金は0円です。

教材費他

おやつ代、教材費は別途実費負担になります。

対象年齢
2歳〜小学校入学まで

タイムテーブル

13:00〜15:00

放課後等デイサービス

ムーブトランポリン

ジュン・ハートの放課後等デイサービスは、小学校入学から高校生までの子どもが対象で、ジュンスポーツクラブの特性を生かした体操(運動)療育を中心とした支援を行っています。

 児童発達支援は身体づくりが主軸となる療育ですが、放課後デイサービスの療育プログラムは、学校の体育の授業で実際に使われている運動器具(マット・跳び箱)を使い、授業の練習をすることや学校では補いきれない運動面のサポートを中心に行っています。

また、運動をすることで心身ともにリフレッシュして個別の課題への取り組みがスムーズにできるようになります。

運動以外にも、学習支援や生活スキルの向上、学年が上るにつれて難しくなる対人面で感じるストレスや悩みにコーチが寄り添い丁寧に支援しています。

中学生は、将来の高校受験を見据えた面接の練習なども前々から行い、他にも一人ひとりに応じた様々な個別訓練も行います。

子どもたち一人ひとりが「未来のなりたい自分」を表現し、「なりたい自分」が叶うように様々なサポートを考えながら療育を行っています。

月謝

世帯所得に応じて自己負担金が変わります。

教材費他

教材費は別途実費負担になります。

対象年齢
小学校入学〜高校生まで

タイムテーブル

16:00〜18:00
16:00〜18:00
16:00〜18:00
16:00〜18:00
16:00〜18:00
10:00〜12:00

| Members |

無料メルマガ会員募集
ママナビから、子育て中のママにとってお得な情報やお知らせをいたします。